イケメン俳優の濡れ場シーンが見れる映画10選!セックスシーンもある?!

「イケメン俳優の濡れ場シーンを観たい」なんて思っている方も多いのでないでしょうか。

AV 男優にはなかなか居ない、顔の整ったイケメン俳優の濡れ場シーンは何とも言えないほど色気が出ていてエロいです。

そこでこの記事では、イケメン俳優が濡れ場シーンに出演しているおすすめの映画10選を紹介していきます。

ここで紹介する映画は濡れ場シーンだけでなく、コンテンツとしても非常に面白いので是非一度視聴してみてください。

また記事の後半では映画を無料で視聴できる方法についても解説していますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね!


イケメンの濡れ場シーンを演じているおすすめの映画10選!

今だけ完全無料!

1:柄本佑|火口のふたり

 ■作品概要

『火口の二人』本作は直木賞作家・白石一文の原作を名脚本家にして映画監督の荒井晴彦が映画化。 故郷の秋田で数年ぶりに出会った昔恋人同士の男女が、互いに抑えきれない欲望の深みに堕ちていく危険な関係性を描きだす。 メインキャストは、柄本佑と瀧内公美のダブル主演で映画化され、出演者と俳優はこの二人だけといっても過言ではないほどの濃密な愛の姿が描かれます。

■あらすじ

あの東日本大震災から、7年目の夏。 会社が倒産し、家族も仕事も全てを失った永原賢治は、昔の恋人・佐藤直子の結婚式に出席するため故郷の秋田に帰省する。 二人はかつて濃厚な肉体関係を結んでいた時期があり、富士山の火口ポスターを背景に交わっている写真も残している。 直子は、激しく愛し合っていた頃のアルバムを眺めながら言う。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉から、二人はかつてのように身体を重ね合う。 一度だけと約束したはずの二人だったが、身体に刻まれた快楽の記憶に翻弄され、抑えきれない欲望の深みにはまっていく。 そして、富士山の噴火という未曾有の大災害を前に二人が選んだ決断とは・・・。

■見所

原作が濡れ場の多い小説ということで、劇中では様々な濡れ場シーンが描かれているが、吹っ切れた二人の演技で絡みの部分も妙に突き抜けた明るさがあります。 セックスに明け暮れる賢治と直子の二人のシーンにはモノクロ写真が差し込まれ、哀愁漂う世界観があり、エロさも文学的な雰囲気が感じられます。 巨大な震災を経験し、そして突然の富士山の噴火により日本は再び壊滅状態に陥るとき、人間はその時どう生きるのか?・・それとも「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」。

2:松坂桃李|娼年

作品概要

俳優の松坂桃李が主演を務める作品です。作家、石田衣良の小説が原作です。男女の愛と欲望を赤裸々に描いた作品で、映像化されるにことによって小説以上にそれぞれのキャラクターたちの人間味、欲望が描かれています。また、濡れ場シーンが多く、それぞれの俳優たちの体当たりの演技が魅力的です。小説を読んでいなくてもしっかりと作品に入り込めます。

■あらすじ

毎日、気怠げな大学生活を送っているリョウが偶然にも娼夫の世界に入りこみ、その仕事を通して女性たちの欲望や自分自身の将来についても考えていく作品です。リョウは戸惑いながらも丁寧に女性たちと接していくうちに成長していきます。周囲の反対や応援の声も真摯に受け止め、自身の将来を考えていく中でどのように成長していくのか、、、。

■見所

なんといっても見どころは松坂桃李が身体を張って演技に臨んだ濡れ場シーンです。それぞれの女性たちの欲望を丁寧に探り、最高の奉仕をする。その中での松坂桃李の演技は表情から仕草までリョウと一致しており、小説のファンから見ても文句の付け所はありませんでした。他の女優さんたちも体当たりの演技でそれぞれに役に入り込んでいました。

今だけ完全無料!

3:斎藤工|昼顔

作品概要

ダブル不倫を描いた作品として大ヒットしたドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」。ドラマの結末から三年後の主人公たちを描いた映画「昼顔」に出演する俳優は、ドラマに引き続き上戸彩さん、斎藤工さん、伊藤歩さんです。ある浜辺の小さな田舎町を舞台に、再び主人公の木下紗和と北野裕一郎が偶然出会うことから物語は始まります。

■あらすじ

平凡な主婦だった木下紗和は、高校教師だった北野裕一郎との不倫がばれて離婚後、ある浜辺の小さな田舎町に引っ越してきました。仕事をしながら一人でひっそりと暮らす紗和でしたが、あるひ偶然にも不倫相手だった裕一郎と再会。彼の妻にはもう会わないと約束していたにもかかわらず、密会を重ねることになります。そんなある日二人が会っているのを見てしまった裕一郎の妻は…。

■見所

ドラマに引き続き、上戸彩さんと斎藤工さんとの激しい濡れ場が見どころとなっています。美しくも激しい二人の恋が成就するのかが気になるところで、ハラハラドキドキの展開が最後に待っています。不倫をした主人公が周りからの冷たい視線に耐え、それでも好きな気持ちが抑えられない、彼女の一途で熱い思いが伝わる作品です。

4:田中圭|おっさんずラブ

■作品概要

「おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜」感動の2018年版おっさんずラブから1年、その後を描いた待望の劇場版。永遠の愛を誓った春田創一と牧凌太の2人の関係をはじめ、それぞれの人生に変化が訪れます。製作陣、俳優陣の気合いを感じる今作はコメディ、爆破、たくさんの要素がギュッと詰まっていますが、ドラマ版に引き続き「愛とは何か」を提議した作品になっています。

■あらすじ

上海派遣を終えた春田創一(田中圭)は日本に帰国することになる。せっかく帰国したが恋人の牧凌太(林遣都)とは春田の浮気疑惑により険悪気味だ。天空不動産では久々の再会を喜ぶ矢先、牧が加入した本部からの突然の訪問と無茶なプロジェクト発表があり波乱が訪れる。そんな中、本社に訪れた黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は階段から足を滑らせ、特殊な記憶喪失になってしまう。

■見所

幅広い層が楽しめるコメディ感が強い作品になっていて、主要男性陣が一同に介すサウナシーンは何度見ても笑えます。また、アクションシーンや爆破シーンなど映画らしい派手なシーンも盛り込まれています。俳優陣のお芝居はどれをとっても素晴らしく、台詞の有無に関わらず感情がこちらに伝わってきます。要所に心を打つ名言が散りばめられていてメッセージ性もあります。濡れ場はありませんので、ご家族でも安心して見られます。

5:瑛太|光

■作品概要

2017年のサスペンス映画。三浦しをんの同名小説を映画化したこの作品は、三浦しをん原作の『まほろ駅前多田便利軒』を映画化した大森立嗣が監督と脚本を務めている。配給は、ファントム・フィルム。俳優の井浦新が主演しており、瑛太と長谷川京子、橋本マナミらが共演している。2017年10月に第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクションで上映されている。

■あらすじ

東京の離島・美浜島で育った黒川信之(井浦新)は、同級生の美花と交際しており、ある日美花が男に強姦されているところを発見し、男を殺害してしまう。その直後、島に大津波があり、信之の罪は大災害とともに葬られる事となる。それから25年後、美花(長谷川京子)は女優となり、信之は違う女性と結婚して新しい人生を歩んでいたが、25年前の殺人事件を写真におさめていた幼なじみの輔(瑛太)が、2人のもとへやってくる。

■見所

過去を封印して静かに暮らしていた信之と、女優としての華やかな人生を歩んでいた美花の前に、過去を知っている輔が現れ、歯車を狂わせて行く様子が恐ろしいです。瑛太と橋本マナミの演じる濡れ場も生々しく、官能的に描かれています。人間の怒りと狂気がリアルに表現されていて、光と闇に包まれた人間の本質についても考えさせられる作品です。

6:西島秀俊|サヨナライツカ

■作品概要

辻仁成の同名小説を原作としたラブストーリー。配給はアスミック・エース。俳優の西島秀俊が主演を務め、ヒロインは中山美穂が演じている。監督は、『私の中の頭の消しゴム』も手がけた韓国のイ・ジェハン監督で、2010年に公開され、公開1ヶ月で観客動員数100万人と興行収入10億円を突破し、大ヒットとなった。

■あらすじ

航空会社のエリートビジネスマンである豊(西島秀俊)は、婚約者の光子(石田ゆり子)との結婚を目前に、タイへ3ヶ月の出張に訪れる。バンコクで、自由奔放に贅沢な暮らしをしている沓子に出会った豊は、すぐに沓子の魅力に惹かれ、一夜を共にし沓子に惹かれていく。しかし、豊の浮気に気付いた光子は、沓子に豊と別れるように説得し、沓子は豊のためにバンコクから離れることを決意する。25年後、沓子の事が忘れられない豊は沓子に会いに行くが、物語は悲しい結末を迎える。

■見所

タイの街並みも刺激的で、バンコクで豊と沓子が出会うシーンは、とても美しく描かれています。豊と沓子の禁断の濡れ場もとてもリアルに官能的に描かれていて、西島秀俊と中山美穂の身体も美しく、2人の役者魂を見せつけられる衝撃的なシーンでした。人は死ぬ時に、愛された事を思い出すのか、愛した事を思い出すのかというテーマが隠されていて、切なくも心に刺さる美しい作品です。

7:菅田将暉|二重生活

 ■作品概要

哲学を専攻する大学院生、白石珠が修士論文のテーマに選んだ「理由なき尾行」。尾行する相手にばれてしまうことなく、日々一人の人間を追いかける奇妙な映画。しかし「理由なき尾行」が続けば続くほど、相手の秘密がつまびらかになり、その人の他の一面が見えてしまう瞬間がとても残酷でひやひやします。ここまで人間の裏面を描いた作品は無いように思います。俳優陣は非常に豪華。門脇麦、菅田将暉、長谷川博己、リリーフランキーと錚々たる俳優陣です。しかし、どの人も主人公であり、どの人も脇役です。その両面を演じ切る俳優たちの演技にも注目できる映画です。

■あらすじ

卓也と同棲する白石珠は、修士論文のテーマに迷った挙句、教授に「理由なき尾行」を勧められる。それは相手に対してのストーカー行為ではなく、人間存在に尾行するところに意味があるという。珠はとなりに住む編集者の男性・石坂をたまたま本屋で見かけたことをきっかけに、彼に尾行を始める。一見、幸せな家庭をもつ石坂だが、彼はその裏で誰にも言えない秘密を隠していた。その真実が分かった頃かた珠も恋人の卓也に「理由なき尾行」をしていることを秘密にしだす。マンションの管理人の防犯カメラへの執着、珠の指導教授の結婚生活。誰もが抱える秘密が仄かに分かった瞬間の悲しみにも似た絶望が胸を打つ作品。

■見所

上戸彩と斎藤工のベッドシーンがあるのですが、髪を振り乱し、まるで画面から汗が散ってきそうなほどの熱い絡み合いはドキドキしました。不倫は許されない事ですが、本当に好きになると気持ちは止めれるのか、色々考えながら夢中になって観ていました。

8:濱田 岳|みなさん、さようなら

■作品概要

¥2013年公開の日本映画。ファントム・フィルム配給。『アヒルと鴨のコインロッカー』、『ポテチ』に続く、監督:中村義洋×主演:濱田岳のタッグによって生まれた。生まれ育った団地から出ずに生きる男の成長を描き、主演の濱田岳は、主人公・渡会悟の13歳から30歳までを演じ、話題となりました。

■あらすじ

渡会悟は、芙六(ふろく)団地で生まれ育った。団地の敷地内には商店街があり八百屋、本屋、服屋、理髪店などある程度のものは何でも揃っており。団地にいれば一生、生きていけると信じていた。小学校の卒業式で起きたとある事件がきっかけとなり、中学校へ通うことを拒み、団地の中だけで生きていこうと決意した悟だったが、同じ団地で育ち同じ小学校を卒業した同級生達はやがて大人になり、悟が愛する団地に別れを告げていく。20歳になった悟はある日、小学校の頃から想いを寄せていた早紀と同窓会で久しぶりに再会、交際を始め、団地内でデートを重ねる。しかしある日、一緒に団地の外でデートがしたいと早紀が漏らしたのをきっかけに、大好きな彼女の願いを叶えるため団地の敷地内と外をつなぐ階段を降りようと試みる・・・が。

■見所

その個性的な演技と、大人にも子供にも見えるような風貌で、名脇役として名を馳せる俳優・濱田岳の珍しい主演映画のひとつ。小学生から、そして団地という狭い世界から中々脱皮が出来ない悟という男を見事なまでにリアルに演じきっています。共演俳優も非常に良い俳優陣が揃っているのですが、特筆すべきはブレイク前の波瑠が出演しており、濱田岳との濡れ場を体当たりで演じています。幼さ・甘酸っぱさを感じさせる濡れ場に艶っぽさは余り感じられませんが、初々しくリアルで妙にエロティックを感じさせます。また、主題歌・挿入歌として、エレファントカシマシの「sweet memory」「さらば青春」が起用されており、そちらも必見です。

9:向井 理|きいろいゾウ

■作品概要

映画「きいろいゾウ」は、西加奈子さんの小説を映画化したもの。出演している俳優は、宮崎あおいさん、向井理さん、緒川たまきさん、リリーフランキーさん、柄本明さんなどです。ある田舎町に暮らす若い夫婦の物語。いっけんどこにでもいる普通の夫婦ですが、二人にはそれぞれお互いに隠している秘密があり、共に歩み続ける意味を問う感動物語。

■あらすじ

田舎に引っ越してきた一組の夫婦。夫は売れない小説家で、普段は介護施設の職員をしています。そんな夫のことを「むこさん」と呼ぶ妻の妻利愛子。むこさんは妻のことを「つまさん」と呼びます。つまさんは動物や木の声が聞こえる不思議な力を持っています。ある日、むこさんに一通の手紙が届き、そこから平穏だった夫婦の生活に亀裂が入ります。

■見所

夫のことをむこさんと呼び、妻のことをつまさんと呼ぶ仲睦まじい夫婦が、本当の夫婦になるまでの軌跡を描いた作品で、心温まる映画です。激しく愛し合うわけではないのですが、二人の濡れ場は美しさを感じます。自然と人が共に暮らす田舎暮らし。主人公たちの近所に住む人たちとの交流も心温まり、見た後にホッコリする作品です。

10:遠藤憲一|花と蛇

■作品概要

「花と蛇」は2004年に公開された作品で、官能小説の第一人者である団鬼六氏による、原作小説を映画化した作品です。キャストも、杉本彩さんや石橋蓮司さん、野村宏伸さんなど豪華俳優陣が出演しており、官能的で背徳感に満ちた大人のエロスが体験出来る作品です。この作品は、団鬼六氏の代表作であり、SMという文化を世に広く浸透させた作品です。

■あらすじ

タンゴダンサーで、世界的にも実力も知名度もある遠山静子は、多忙な毎日を送る充実した日々を送っていました。しかし、裏社会の人物に弱みを握られてしまった彼女の夫隆義に、借金のカタとして10億円で売られてしまいます。売られた先の裏社会のグループは、会員制の過激なSMクラブを運営しており、静子は成すすべもなく、アブノーマルなSMの世界へと引き込まれてしまいます。

■見所

本作には濡れ場が満載で、団鬼六氏が遺した非現実感が漂う官能的な世界が観るものに強いショックを与えます。主人公の静子は、不感症で夫とのセックスともご無沙汰な生活を送っている人物です。杉本彩さんが演じていることもあり、ルックスは艶があり、かなりセクシーな見た目をしていますが、実は性に対して臆病というギャップはたまりません。そんな繊細な感性を持つ女性が、SMというハードな世界に放り込まれ、過激な方法で自尊心を痛ぶられ、嫌が応もなく調教される姿は、Sっ気のある方は興奮必至です。また、裏社会のドンである田代は、95歳というかなりの高齢にも関わらず、衰えを見せない性欲を見せるなど、性というものは時に人を支配し、年齢に関係なく原動力になると痛感させられる作品です。

イケメン俳優の濡れ場シーンを無料で視聴する方法!

イケメン俳優の濡れ場シーンがある映画を無料で視聴できる方法があります。

それは、U-NEXT(ユーネクスト)の31日間無料トライアルです。

U-NEXT31日間無料トライアルで映画を視聴することで、もちろんお金は1円もかからず、解約料もかからないので完全無料です。

しかも登録がたったの3分で完了するので、今すぐ見たいという方にも非常におすすめできます。

しかし、31日間を過ぎてしまうと料金が発生してしまうので、無料期間の31日間で全て視聴し終えてスムーズに解約することが大切です。

イケメン俳優の濡れ場シーンのあるおすすめの映画まとめ

作品によっては「これアダルトビデオじゃない?」なんて思わせるほどのイケメン俳優の濡れ場シーンのある映画もありますね!

また、この記事で紹介した作品の中では、U-NEXT31日間無料トライアルキャンペーンで、お金を払わずに視聴できる映画もあります。

わざわざお金を払って Amazon に課金するのではなく、この情報を知ったからには是非無料でコンテンツは楽しんで欲しいです!